ジャズピアノの今井藤生です。京都でジャズ教室&音楽練習スタジオをやってます!
MTT来日


先月、11月20日
マイケル・ティルソン・トーマス氏指揮のサンフランシスコ交響楽団の来日公演に行ってきました♪
かねてから一度見たいとずっと思っていた指揮者です。
(交響楽団の演奏会は数年前のアンドレ・プレヴィン氏を見に行って以来久しぶりでした。)

MTT.jpg

ティルソン・トーマス氏を初めて知ったのは、20年ほど前にテレビで放送されていた「コンチェルト~協奏曲の魅力」というロンドン交響楽団の番組です。
ソリストを毎回招き、コメディアン兼ピアニストのダドリー・ムーア氏とともに曲の解説と演奏をするものですが、大変わかりやすく、またティルソン・トーマス氏のピアノも明快で素晴らしいのに驚きました。

ティルソン・トーマス氏はアメリカ出身、レナード・バーンスタインの後継者的な存在で、啓蒙的な活動にも力を入れており、
クラシックの古典から現代もの、アメリカ作曲家(特にガーシュイン)~ジャズまで、わかりやすく、しかも専門的な見地から紹介しています。
特にジャズと古典クラシックとの関連はやはり私にはなじみがよかったんだと思います。

DSCN0383.jpg


ここ最近は「Keeping Score」と題したシリーズでベートーベンからストラビンスキーやコープランドの曲を解説&演奏したDVDを出しており、
またコンサート会場でその新たなものが発売されていたので購入してしまいした。またこれから勉強です。
興味ある方は是非見てみてください♪
(先輩バーンスタイン氏のレクチャーものもすばらしいです、私はかなり見ましたが、まだ入手できるものもあるかもです♪)

スポンサーサイト

【2016/12/08 18:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック