ジャズピアノの今井藤生です。京都でジャズ教室&音楽練習スタジオをやってます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲分析~ショパン・「革命」~(その1)
「革命(12の練習曲作品10の12番)」
(Etude Op.10 No.12 "Revolutionary")


ショパン革命楽譜

 今回は左手の動きで有名なショパンの「革命」の和声分析(アナリーゼ)をしたいと思います。
左手、すなわち低音が単なるアルペジオでなく非和声音を伴い動くので、本来のベース音を見出すのに少々見極めが必要でした。

 とりあえず自分で演奏してみました。もともとピアノの専門の演奏家でないところにもってきて、難曲なので20年がかりの練習です。ちょっと速度は遅めです。ご容赦ください。




<背景>

作曲者はフレデリック・フランソワ・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin、1810~1849年、ポーランド)

 練習曲作品10の全12曲は1829~1832年の間に作曲されているので「革命」もショパン20才ごろの作品と思われます。タイトルの「革命」は献呈されたリストが命名したそうです。左手の早い動きが特徴的です。その上で右手がオクターブでメロディーを奏します。初期のショパンはウイーン古典派(※注1)、特にベートーベンの影響は濃いといわれています。

 ※注1ウイーン古典派
 18世紀後半~19世紀初頭ごろのハイドン、モーツァルト、ベートーベンに代表される作品スタイル。ソナタ形式など形式・様式面と和声法などさまざまな観点があります。現在の和声法はこの時代確立されとものと言われています。ショパンは形式面ではあまり影響を受けていないようです。

 具体的な分析に入る前に、分析結果を踏まえメロディーと和音に集約した演奏をしましたので、聴いてみてください。
(いわゆる和声の還元のような感じです)



 以下詳細の分析にあたっては、お手持ちの楽譜を参照しながらお読み頂ければ幸いです。
楽譜お持ちでない方は、「ペトルッチ楽譜ライブラリー」等のサイトで楽譜をダウンロードできます。

<全体の構造>

 全84小節を大きく以下に分割してみました。

 ①1~10小節 導入(序奏)
 ②11~28小節 第一部(提示部)
 ③29~40小節 第二部(中間部)
 ④41~50小節 間奏(再現部への序奏)
 ⑤51~76小節 第三部(再現部)
 ⑥77~84小節 コーダ(終結部)

 概ね三部構成ですが、第二部(中間部)も曲想は同じです。
形式(様式)的にはバッハのインベンションや平均律クラヴィア曲集中の曲などと同じと思えます。


①1~10小節 導入(序奏)

 すべてG7(Ⅴ7)です。左手アルペジオにはルートと5thに音階の上の補助音(ラ♭とミ♭)が加わっています。


②11~28小節 第一部(提示部)

 右手で主動機(ドレ――ミ♭・ミ♭~)が始まる。 3小節Cmの後Cdim(14小節目)。主旋律4小節目が今後さまざまな転調の節目です。ここではCdimはD7♭9(Cmのドッペルドミナント)の第三転回形であり、
G/B(Ⅴ)⇒C7/B♭(ⅳ調のⅤ7)⇒F/A⇒Fm/A♭(Ⅳ)⇒C/G⇒Cm/G⇒Gと進行する。ここは機能和声どおりで定型の進行です。
F⇒Fm(ラ⇒ラ♭)C⇒Cm(ミ⇒ミ♭)は経過音ですが長調短調をあいまいにしています。
 21小節目より再度主動機となり今度は先ほどCdimだったところがF7/Cとなります。これによりB♭Majorに転調し、以後
B♭/D⇒E♭(5→#5、Ⅳ)⇒C7/E⇒Edim(ⅴ調のⅤ)⇒B♭/F⇒E♭m/G♭(Ⅳm)
⇒G♭7(Ⅵ♭7、増六の和音※注1)⇒B♭/F
と進行し23小節目でB♭(主調のⅶ度調)に終始し第一部を終えます。

 ※注1、Ⅵ♭7、増六の和音
 コードネーム的に記載したが、5thが半音低められたドッペルドミナント(ⅴ度調Ⅴ7♭5)の第二転回形すなわち♭5が低音に配置されたものです。増六の和音と言われていて、根音は省略されたり、♭9に置き換わったりする場合があります。いわゆるウィーン古典派の機能和声の象徴するような和声進行感となります。厳密にはⅥ♭7ではないが(7th音は短7度でなく増6度なので)、記載上便利なので、以下このように表現します。


③29~40小節 第二部(中間部)

 第一部でB♭に終止したかと思うと、2部に入るや突然シャープのついた和音が現れます。
29~30小節目G#m⇒D#mそして31~32小節は長2度下方の平行反復でF#m⇒C#m。ドミナントは存在せず、短三和音が連続するので調性はわかりません。しいて言えばB♭をA#と思い、D#mで分析するとA#(Ⅴ)⇒G#m(Ⅳ)⇒D#m(I)です。しかしⅣ⇒Ⅰが長2度下方で反復するので、いずれにしても調は確定しません。第一部の典型的な機能和声との対照(コントラスト)はすばらしいと思います。
 そして32小節目にはG#7(C#mのⅤ7)からBb7⇒C7と全音上方に2回平行反復を繰り返しFm(Ⅳ)に到達します。7thコードが解決せず全音ずつ上がるのでその間解決感はなく不安定です。Fm以降はⅳ度調を経てカデンツに入ります。


④41~50小節 間奏(再現部への序奏)

 曲冒頭の序奏と同様のG7(Ⅴ7)のパッセージです。


⑤51~76小節 第三部(再現部)

51~64小節目までは右手変奏が加わる以外は第一部の再現です。
 64小節目Cdimは第一部ではCmのドッペルドミナントでしたが、ここではG♭のドッペルドミナントA♭7(♭9)の第一転回形でありG♭/D♭に解決します。そして上声がソ♭⇒ファ⇒ミと半音下降しミとなったところの和音骨格をC7と考えると、これがF♭MajorのⅥ♭7(増六の和音)として解釈されF♭/C♭に解決します。(かなり遠隔調ですし、難しく思えますが、曲中最も美しい部分と思います。)
 そしてF♭/C♭の中のファ♭が半音上方のファ♮、半音下方のミ♭にずれてFm7(♭5)になりB♭7からE♭へ解決します(この曲中初めての平行長調)。
 平行長調はこの一瞬ですぐG7となりCmの後D♭/F(ナポリの6の和音)を経由し定型カデンツとなります。
64小節目Cdimからの和声進行は思いがけないところに転調して美しくかつ激しく圧巻ですが、第二部の転調とは対照的にウィーン古典派機能和声に忠実に沿ったものです。


⑥77~84小節 コーダ(終結部)

下属和音⇒主和音の典型的なプラガル終止(変終止)。文字通りアーメン終止(祈りの意を込めた)といっていいような気がします。
C7♭9(ⅳ調のⅤ7)⇒Fm(Ⅳ)⇒C7♭9⇒F⇒Fm(Ⅳ)
⇒C7♭9⇒F⇒Fm(Ⅳ)⇒Csus4⇒C
左手の動きは荒々しいまま2回変終止を繰り返し、最後の1回やっと動きがとまり掛留を経てC(長三和音)で終止します(ピカルディ終止)。
ショパンがバッハを敬愛していたことを考えると、アーメン終止、ピカルディ終止もバッハからの影響は大きかったのだと思います。

以上今回ショパン初期の名曲「革命」の和声を中心に分析してみました。後期のマズルカやプレリュードに比べると、ほぼ機能和声の中におさまっていることがわかりすが、和声等大枠はバッハ、ベートーベンの踏襲するもショパンらしさは十分発揮されていて、すばらしト思います。

 次回は「革命」をコード譜にして、ちょっと自由に演奏してみます。
  こちら⇒ http://imaijazz.blog76.fc2.com/blog-entry-85.html


ご指摘、ご感想ありましたら、
またはメールフォームから、または
 fj-imai-ongaku@y7.dion.ne.jp (今井PCメール)
 までよろしくお願いします。

今井・ホームページ
今井ジャズ教室&音楽スタジオ(京都四条烏丸)
http://www.eonet.ne.jp/~imai-jazz/index.html
(クラシックの曲を分析しながら演奏するレッスンも行っております♪)


【2017/05/20 12:13】 | 和声分析・楽曲解説(クラシック、ジャズ)
トラックバック(0) |
  連休中はクラシック分析&演奏でしたので、
しばしジャズにもどって・・・

  Be My Love という曲を自分でアレンジ(そんなに難しくない程度に)してみました。  一応ちゃんと楽譜にもしました。
  (もとはA♭の曲ですが、編曲では後半A♭→C に転調させてます)
Be My Love 楽譜画像2


 一年ほどまえ知人のリクエストで知ってアレンジした曲で、それまでは全然知りませんでした。
ニコラス・ブロズスキーという作曲家がマリオ・ランツァというテノール歌手のために書いた曲だそうです。
ジャズピアノではキースジャレットの演奏が人気のようです。
 キースのようにはいきませんがよかったら聴いてください♪


    ピアノソロ 今井藤生



今井・ホームページ
今井ジャズ教室&音楽スタジオ(京都四条烏丸)
http://www.eonet.ne.jp/~imai-jazz/index.html


【2017/05/16 13:37】 | ジャズ演奏動画
トラックバック(0) |
 前回ブログで
ゴリウォーグのケークウオーク'(ドビュッシー「子供の領分」より)の分析/解説を試みました。
  http://imaijazz.blog76.fc2.com/blog-entry-80.html

 前回の和声等分析した結果を踏まえ、曲を簡略かし演奏しました。
  いわゆる編曲ではありません。「還元」という概念に近いものと思います。

① ケークウォークのリズムをなくしてます。
② 原曲E♭Major(中間部G♭Major)ですが、和声分析(度数)等が見え易くするため、C Major(中間部も転調せずC Marjor ) で演奏してます。
③ 装飾、反復はなくした部分があります。



   演奏 今井藤生(ピアノ)

こうして聴くと、ジャズスタンダードに近くなる感じがします。
それとモチーフの旋律は日本の旋律(琴の曲のような印象)ではないかと・・・
この民謡的旋律をブルースにし、ヨーロッパの和声を残したものが、いわゆるジャズサウンドなんだろうと思います。

今回の分析、解釈は特に他の書籍、文献を参考にしたわけではないですが、
(もちろん和声分析は機能和声等教科書にのっとっております)
多くの先輩方の解説と共通する部分も多いと思います。
(あるいは違う部分もあると思いますが・・・)

ご指摘、ご感想ありましたら、
またはメールフォームから、または
 fj-imai-ongaku@y7.dion.ne.jp (今井PCメール)
 までよろしくお願いします。

今井・ホームページ
今井ジャズ教室&音楽スタジオ(京都四条烏丸)
http://www.eonet.ne.jp/~imai-jazz/index.html


【2017/05/07 17:25】 | 和声分析・楽曲解説(クラシック、ジャズ)
トラックバック(0) |
楽曲分析
「ゴリウォーグのケークウォーク」

(Golliwogg's Cakewalk)


 楽曲分析第一回はクラシックからジャズへの橋渡し的な存在であるドビュッシーの曲を選びました。
「牧神の午後への前奏曲」と思ったのですが、分析を試みましたが、記述(作文)が難しそうでたので、
初回は規模も比較的小さく、聴いた感じにもジャズらしさを感じやすい「ゴリウォーグのケークウォーク」をえらびました。


 とりあえずどんな曲か演奏をお聴きください。
クラシックピアノ専門の演奏家ではありませんが、
がんぱって練習して弾きました。
ちょっと楽譜と違う部分もあるかもしれません。
(分析書きながらいくつか発見してしまいました。)
 ご容赦お願いするとともに、楽譜と違う音等ありましたらご指摘ください。
テンポは一般に演奏されているものよいだいぶ遅いと思います。






 なおこれまでにすでに多くの方の分析、解説があると思います。
先輩方の解説を参考にさせていただ部分も多々ありますが(下記文献)、
しかし和声等音楽的分析につきましては、一部先輩方の著作を参考にさせていただいた部分もありますが、
詳細は概ね私自身の分析や感じ方です。
必ずしも一般に語られているものとは限らないかもしれません。
ご了承ください。


①背景

 ドビュッシー(フランス、1862~1918)
1908年出版の「子供の領分」の第6曲。
音楽は短くシンプルで時代にしては古典的に聴こえますが、
ドビュッシーのピアノ曲としては比較的後期の方です。
ちなみに近代音楽の幕開けといわれた「牧神の午後への前奏曲」は1894年作曲です。

 ゴリウォーグは当時のイギリスの絵本に出てくる黒人の男の子人形のキャラクターの名前だそうで、
ケークウォークはアメリカの黒人のダンスの一種(ヨーロッパで流行していたとのこと)、のちのラグタイムやジャズのリズムにつながっているよう
です。


②全体の構造

 曲は複合三部形式。
提示部ー中間部ー再現部、と名付けます。中間部は前半後半に分けて考えます。
調性はE♭Major(中間部はG♭Major)であり簡潔な構造です。


③序奏(導入部、イントロ)

 9小節の序奏で、メロディーとしてのモチーフ及び伴奏リズムの提示があります。
モチーフは民謡調で、ペンタトニックのような、ブルースのような、感じです。
なかでもC♭(同主短調の6度音)は特徴的です。
この旋律モチーフは私には日本(東洋)の旋律のように聴こえます。


④提示部

 10小節目から、低音の主音保続(主音属音の二重保続)の上に
A♭m6(Ⅳm6、同主短調E♭マイナーからのサブドミナントの借用)と
2度(F)の付加されたE♭(Ⅰ、コードネームでいうところのadd9)、
そしてその伴奏の上で、民謡調のメロディモチーフが奏されます。
おのおのは単純ですが、これらが組み合わさり独特の雰囲気になります。
今の我々の感じ方からすると、いわゆるクラシックいうよりは、ジャズ、ポピュラーな楽曲な感じです。

 時代から言って、ガーシュウィンなどミュージカルや映画音楽(後のジャズスタンダード)の作曲家や
デューク・エリントンはじめ20世紀初頭のジャズがドビュッシーから継承した部分は大きいということがわかります。

 提示部前半の22小節目では短三度上りG♭Majorコード(属調B♭からみるとⅥ♭)となり内声部の半音階上行ラインが和音をあいまいにしますが、
すぐにドッペルドミナント→ドミナントを想起させる半音下向の和音に変わり、
25小節目に古典音楽の定型ともいえる属調に終止します。
(そういえば、より和声進行のあいまいな「牧神の午後への前奏曲」でも第一部は属調終止でした。そのこだわりはちょっと感じます。)

そののち右手左手の交差する部分があり(演奏は結構難しい)、
ピアノ演奏の技術としてはちょっと華麗な部分です。
そしてもとの主題にもどり余韻を残しながら第一部を終わります。


⑤中間部

 中間部は短三度上のG♭Majorです。ここでもしばらく低音は主音属音の二重保続です。

 48小節目(中間部に入って2小節目)の右手最後Fの和音は唐突に関係ない和音が鳴り響き、意外な感じをもたらします。
しかし実際には単なる経過和音で半音上行しG♭に解決します。もしこの和音一番上の音(F)を除いて演奏するとごくごく普通の経過和音であることがわかります。
こんな単純なことで音楽の様式がガラッと変わって聴こえるのは驚きです。

 61小節目(Cedez)からはドビュッシーが初期に多大な影響を受けたドイツの作曲家ワグナーの曲で有名な楽劇「トリスタンとイゾルデ」の冒頭のモチーフ(「愛のモチーフ」とか「憧憬のモチーフ」とか言われるものです)を引用しています。

 ややゆっくりな部分ということもあり、非和声の使い方が素敵で、
その組わせによって、様々な偶成和音(*注1)を生み出しています。

  (*注1)偶成和音 音楽の友社「和声・理論と実習」(俗に芸大和声と言われている教科書での用語です。)


⑥再現部

 中間部最後の方に、もとのモチーフの断片が少し現れ再現の予感の後、
第一部の再現部(90小節目、Toujoura retenu)となります。
その冒頭2小節だけ低音無しですが、その後再現部前半は第一部の忠実な再現です。 

 そして再現部後半に入り110小節目、
前半の提示ではA♭/B♭(属音上のⅣの和音、Ⅴ7sus4)だったのところにその半音上のA/B(B7sus4)が奏されます。
シャープで書いてあることもあり唐突に意外な和音が現れたように聴こえますが、
C♭7と思えばドッペルドミナントの変化形であるところのⅥ♭の和音です。
それがsus4として現れるので、古典和声とは違った印象を与えます。
 (いわゆるジャズ理論風に解釈した方が分かりやすくなると思います。)

 最後は提示部の最後と同様余韻を残しながら収束し、モチーフでも印象づけられていたC♭の音から音階で主音まで下行し終止します。


⑦文献等

とらえ方、考え方など影響を受けたもので、必ずしも詳細の引用ではありませんが・・・

 ☆柴田南雄著、西洋音楽史~印象派以降(音楽之友社)
 ☆全音楽譜出版社「こどもの領分」の楽譜中、松平頼則氏の解説
 ☆ゴリウォーグについてなどのことについてはWikiedia等の解説も参考にしております。

今回は間に合いませんでしたが後日、
♪ポイントとなる楽譜例の掲載
♪および和声分析をわかりやするため、リズムを除いた簡略化演奏(ハ長調で)も準備できればと思ってます。
次回ブログもどうぞ(簡略化演奏)
http://imaijazz.blog76.fc2.com/blog-entry-81.html

もっと短くまとめるつもりが長文になりました・・・
読んで下さいりありがとうございます。

ご指摘、ご感想ありましたら、
またはメールフォームから、または
 fj-imai-ongaku@y7.dion.ne.jp (今井PCメール)
 までよろしくお願いします。

今井・ホームページ
今井ジャズ教室&音楽スタジオ(京都四条烏丸)
http://www.eonet.ne.jp/~imai-jazz/index.html
(クラシックの曲を分析しながら演奏するレッスンも行っております♪)







【2017/05/03 22:49】 | 和声分析・楽曲解説(クラシック、ジャズ)
トラックバック(0) |
久しぶりに動画をアップしました。

つい先日、セッションに遊びに行った時の演奏で、「On Green Dolphin Street」(ライブカフェ・ヴィンセントにて)


ちょっと前の映像ですが尊敬するデューク・エリントンの「Take The A Train (A列車で行こう)」
ピアノのアドリブ部分だけですが・・・(京都(ホテルグランヴィアにて)


数年前からクラシック&ジャズギターを始めました。
ガーシュウィンの「But Not For Me (バット・ノット・フォ・ミー)」を自分用に簡単にアレンジして弾いてみました。

【2017/04/19 14:45】 | ジャズライブ(&映像)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。